高山クリニック 奈良県 奈良市 西ノ京 産婦人科 内科

お問い合わせ 0742-35-3611

メッセージ・初診の方へ

院長のご挨拶

院長・医学博士 高山辰男
(日本産科婦人科学会認定医、母体保護法指定医)

開院から29年を過ぎ、1万人以上の赤ちゃんの誕生を見てきました。
ここまで来られたのは、多くの方々に、支えられてきたおかげで、
本当に感謝しております。

今から二十数年前に、当院で誕生された方が、
立派に成長され、 今度はご自身がパパやママとなられて、
私共でご出産されるというケースも、最近は少なくありません。
『僕は高山クリニックで生まれた』と声をかけられることもあり、
産科医としてこれ程嬉しいことはありません。
どうぞ、今後とも末永くお付き合い下さいます様お願い申し上げます。

初めて受診される方へ

初めて私の診察を受けられた方のほぼ90%が「こわい」、「不愛想」、「ハイスピードすぎる」という印象を持たれます。

その印象は、私の実像と、少しかけ離れてはいますが、皆様にそう写っていることを正直ちょっぴり気にしています(笑)。

ハイスピードなのは、思いおこせばその昔、小学校時代に、そろばん暗算大会で優勝、中学時代には、水泳部で新記録達成、という常にかなりのスピードを求められるところに、身を置いていたその癖(?笑)が未だに抜けきらないのかもしれません(笑笑)。

どうぞ皆さん、わからないことや、不安なことは、何でもお気軽に質問して下さい。
特にお産で通院されている方は、できるだけ楽しくゆったりとしたマタニティライフを送られ、素敵な出産をしていただくのが、私の一番の願いです。

平成28年クラブ選手権 優勝
@奈良国際ゴルフ倶楽部

院長略歴

1971年
県立奈良高等学校卒業
1977年
奈良県立医科大学卒業
1977年
奈良県立医科大学産婦人科学教室入局
1979年
奈良県立医科大学助手
1984年
社会保険大和郡山総合病院勤務(産婦人科部長)
1988年
高山クリニック開院

大学病院時代は、分娩はもちろん、子宮ガン、卵巣ガン手術、抗ガン剤治療などの最先端医療に従事。
研究室では、分娩生理学を研究。
特に、陣痛発来や子宮収縮の研究に取り組む。